ハウス

東京に家を建てたいならここに行こう!

マイナス金利のおかげで、家を買うなら今だなと思っている方は多いと思います。住宅ローンを組んでお金を借りても利息が少なくてすむわけですから、まさに「今でしょ」というわけです。 でも、家を建てるといってもどうすれば良いのでしょうか。賃貸マンションを借りるなら、万が一借りた後で「こんなはずじゃなかった。」「思ったより住みにくい。」などといったイマイチなところが見つかっても、いつまでもそこに住むわけではありませんから我慢できますよね。どうしても気になるなら、すぐに引っ越せばよいのです。ですが、新築一戸建てを購入するとなると、そうはいきません。せっかく自分の家を建てるのですから、好みににもライフスタイルにも合った暮らしやすい家にしたいですよね。 どんな家が良いのかというのは、やはり実際に見てみないとわからないものです。雑誌などでいろいろな情報を得るだけでなく、ぜひ住宅展示場に足を運んでみてください。東京で家を建てたい方におすすめの住宅展示場情報がありますよ。こちらの住宅展示場ガイドという東京の住宅展示場のWebサイトがおすすめです。東京都内各地の住宅展示場情報が集まっていますので、あなたが家を建てたいエリアの展示場から訪問してみましょう。イベントに合わせて訪問すると、休日のお出かけも兼ねられますから一石二鳥ですよ。

Posted in ハウス | No Comments »

私たちにできる液状化対策とは

大きな地震が発生する度に話題になるのが液状化現象です。地震によって地中の揺れが繰り返されることで、地中にある地下水の圧力が上昇します。それによって地中の砂の結びつきがバラバラになってしまい、地面が地下水に浮いているような状態になります。このような現象のことを液状化現象というのです。 地面の圧力がバラバラになるので、その上に立っている建物がゆがんでしまったり、傾いてしまったり、最悪の場合は倒壊の危険性もあります。このような症状を防ぐためには、事前の液状化対策が必要になります。 液状化対策をするには、まずその土地を詳しく調べる必要があります。自分では大丈夫だと思っていても、素人の勝手な判断でわかるものではありません。専門業者による調査で、液状化の危険性があるかどうかの判断をしてもらい、それによってどのような対策を行うのかを決めていきます。 液状化の危険性があると判断された場合は、地盤の改良や建物の基礎を強化するといった対策によって備えを強化することになります。液状化は地盤による影響が大きいですので、最も被害を抑える対策は地盤を改良し、それ自体の発生を抑えることがもっともよい対策です。それ以外の方法だと、建物自体の損傷は抑えられても、生活が出来るまでの期間が必要になる可能性があります。

Posted in ハウス | No Comments »